読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうにかして良い感じに生きたい

おしゃれに生きたい日々をつづります。

別れた

浮気相手とわかれた

電話で話してわかれた。元々彼女がいたことは流石に言えなかったけど、人間的に好きだけど恋愛的な意味で好きではないと気づいたという話をした。ウソではない。

ただ、いい子だった

彼女がいない状態で出会ったら、一体どうなったのだろう。

その子は、ただ話を聞いて「うん」と言ってくれた。「私が何を言ってもかわらないんだよね」といった。俺は「うん」と答えた

最後に「うちは結構本気で好きだったよ」と言ってくれた。こんなにいい子に俺はどうしてこんな仕打ちをしているんだろうと思った。電話を切って泣いた。なんの涙なのかはわからなかった。罪悪感か、悲しみか、悔しさか。

その子と関わることはもう一生ないだろう。幸せになって欲しい。俺のことなんて忘れて、もっとまともな人間と出会って、好きになって、幸せになって欲しい。

「短い間だったけどありがとう」と伝えた。「うん」と言った。

もっと純粋にその子と出会って恋をしたかった。

ありがとう

さようなら

幸せになってください

ごめんなさい