読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうにかして良い感じに生きたい

おしゃれに生きたい日々をつづります。

眠くない

二日目にして早くも日をまたいでしまった。
さっき2時間ほど眠っていたせいで眠気が全くないので暇つぶしがてら更新。

今日は友人と会った。浪人生二年目に突入しそうな彼に電子辞書をさずけるという名目で会い、自分を勉強に強制的に向けさせるために勉強会のようなものも行った。結果はまずまず。
あと、誕生日プレゼントのネックレスをもらった。素直に嬉しい。今年は今まででも一番なんじゃないかというくらい誕生日を祝ってもらっている。ありがたいことだ。
シルバーアクセサリーをつけるなんてオシャレさんみたいじゃないかと自分を茶化してしまうのは僕の悪いところなのかもしれない。そんなことを思いながらも誇らしげに着用していこうと思う。

話をする中で、過去に一度借りて練習したことがある彼のギターを再び借りるような流れがあったけれど今回は見送った。まあ原付出来ていたから持ち帰るのがしんどいような気がしたというのもあるが。あと、彼の買ったものを自分は借りすぎなんじゃないかとも思う。リュックやら財布やらを借りて時にはそのまま買い取ってしまっている。彼自身が良いと言えば問題はないのかもしれないけれど、多少の罪悪感のようなものは感ぜざるを得ない。しかし次にあった時には借りて帰ろうなどと考えているから、結局僕は自分に甘い人間なんだろう。

最近よく聴いているbacknumberの曲の歌詞には共感できるものが異常なまでに多い。これまでは好きなバンドの歌詞なんてたいして気にしたことは無かったけれど、このバンドだけは別だ。叶わぬ恋だとか別れたあとの後悔だとかがテーマの曲が多いからなのかもしれない。自分の現状とマッチし過ぎている。特に「スーパースターになったら」の歌詞は完全に自分と重なってしまう。しかし、だからこそこれまでどうしたらいいのかわからなかった自分に指針を示してくれた。スーパースターになればいいんだと。たしかに曖昧な表現ではあるけれど、なにかしら光り輝くものを持った人になることが出来れば相手も自分に興味を持ってくれるかもしれないと思う。僕は昔から目立つことが苦手だったり何も突出して得意なことなんてなかったけれど、今から何かを始めれば大学を卒業する頃にはある程度形になっているんじゃないだろうか。その時まで相手とのつながりがあるかと聞かれると詰まってしまうが。

まずはやってみるしかない。とにかくこれだ。考えて考えてを繰り返していれば、自分のすることなんてほとんどが無駄だと気づいてしまう。だったら考えなければいい。考えずにまずは行動に移す。がむしゃらに続ける。結果として無駄だったならそれは仕方が無いけれど、なにか一つのことに打ち込めたのならそれは今までの僕にはなかったことなのだから、得るものは大きいんじゃないだろうか。

ということで近いうちに友人から借りてギターを始めようと思う。別にバンドをやろうとか演奏動画をアップロードして人気者になろうとかは考えていないけれど、一般的にギターが弾ければかっこいいんじゃないだろうか。一般的にというか僕もそう思うし。趣味やら特技やらを一つでも持つことは人生を豊かにしてくれるなんて大層なことを言うつもりはないが、かっこいいし面接でも言える。くだらないけれど、そんな感じでいいんじゃないかと思う。もっと適当に生きてやろう。そして勝ってやるんだ。いろんなものに。

なんかいくらでもかけそうな気がするけど、さっきからフリックミスが多すぎてむかついてきたから今日はここまで。おやすみなさい。