読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうにかして良い感じに生きたい

おしゃれに生きたい日々をつづります。

別れた

浮気相手とわかれた

電話で話してわかれた。元々彼女がいたことは流石に言えなかったけど、人間的に好きだけど恋愛的な意味で好きではないと気づいたという話をした。ウソではない。

ただ、いい子だった

彼女がいない状態で出会ったら、一体どうなったのだろう。

その子は、ただ話を聞いて「うん」と言ってくれた。「私が何を言ってもかわらないんだよね」といった。俺は「うん」と答えた

最後に「うちは結構本気で好きだったよ」と言ってくれた。こんなにいい子に俺はどうしてこんな仕打ちをしているんだろうと思った。電話を切って泣いた。なんの涙なのかはわからなかった。罪悪感か、悲しみか、悔しさか。

その子と関わることはもう一生ないだろう。幸せになって欲しい。俺のことなんて忘れて、もっとまともな人間と出会って、好きになって、幸せになって欲しい。

「短い間だったけどありがとう」と伝えた。「うん」と言った。

もっと純粋にその子と出会って恋をしたかった。

ありがとう

さようなら

幸せになってください

ごめんなさい

もしかしてだけど

もしも俺が死んだりしたら家族によってこのスマホの中身を見られて自撮りだとかダウンロードしてあるエロ動画だとか好きな女の子とのデレデレなやりとりだとか見られてしまうのではないだろうか

そうなるとこのブログも見られる

まあ大したことは書いてないけど俺に何が起こっていたのかは分かるんじゃないだろうか

 

俺が今年の抱負を母親に聞かれて「家を出ること」と答えた件について兄に叱られた

母親は俺の言葉に傷ついたそうだ

なぜだ

一人暮らしがしたいということはかねがね話していた。言い方が悪かったそうだが、理解できない

悪い意味に取られるからだそうだが、実際家族に対しての不満が大きくなっているわけだから自分ではわからない

全然書くことまとまらないし書く気失せたからいいや

きいてくださいよ

ちょっと前まで女との絡みなんて皆無だったコミュ障童貞だった野郎に急に彼女ができたうえに浮気した相手で童貞卒業してしかも浮気相手とも付き合い始めたんですってよ

最低

誤算だった。浮気相手が俺を好きになるとは。流れに身を任せていたら付き合っていた。

もう自分の気持ちがわからない。

もともとの彼女はすきだ。だが会えないのがネックだ。

浮気相手はたいしてすきじゃない。だが情が湧いている。あとセックスしたい。

というか、みんな簡単に男を好きになりすぎじゃないか。おれが優しくしすぎてるのか。これまでのそういう雰囲気になった女性を鑑みても、全員がネットで知り合ったのもあって、4人中3人が俺との運命を感じていると言っていた。

もともとネットにいる人間に対して期待をしていなかったところでおれと知り合ってまともな雰囲気をまとっているし自分に優しくしてくれるってことで好きになりやすいんだろうか。

とりあえず、今の悩みの種はクリスマス。

浮気相手と会う予定だ。

だが、彼女の方からもメッセージは来るだろう。さすがにそれには返せない。

クリスマスに送ったメッセージがかえってこなければさすがにあやしまれてしまう。

とりあえずはイブの方で彼女とは十分いちゃついて、クリスマスは友達との予定があると言おう。それでクリスマスは浮気相手とセックスをしよう。

いつまでこんなことを続けるつもりだろうか。そもそも、終わらせる気があるのだろうか。まさかどちらかが終わるまで続ける気なのだろうか。わからない。自分を制御できない。わからない。

やばい

まずい。非常にまずい。

先日、出会い系サイトで童貞をもらってくれと募集してきた女の中でも割り切りではなく俺の顔がタイプだから会いたいと言ってきた人と会う約束をした。気分屋だからヤリたくないと思ったらヤラないと言っていたのでダメもとで約束した。

まあ実際は会う前にババアで童貞卒業したんだが。

そして今日が当日。会った。飯食ってラブホで5時間セックス。

正直、俺ははじめからヤルだけの募集をしていた。だが相手は違っていたようで、本気で出会いを求めていたらしい。そして実際に会った俺を気に入ったらしい。

俺には彼女がいる。ネットで出会ってまだ会ったことのない。

だが今日の相手にも特に断る雰囲気は出さずに、クリスマスの約束までしてしまった。

今の彼女はクリスマスに仕事なので会うようなことにはならないが、これは完全な浮気だ。

まさか相手が落ちると思ってなかった。今日一緒に過ごしている間も彼女からSkypeのチャットが飛んできていた。それを無視して違う女とセックスをしていた。最低だ。最低だ。最低だ。

そして今は帰り道。もともとの彼女からのチャットを返している。この彼女、俺のことが大好きだ。もちろん俺も相手のことが大好きだ。だが今日あった相手にも好きと言えるのかわからないが何かしらの感情は湧いている。どうしたらいい。どうしたらいい。どうしたらいい。

もともとの彼女を優先したい気持ちが強い気がする。だが、それを考えている時も今日の相手が頭にちらつく。どうしたらいい。

ババアに二万払って童貞卒業した話

ババアとセックスした。

この文を書いてるのが15:13だから、たぶん40分くらいさかのぼれば俺はババアのからだにちんこを突っ込んでいるのだろう。

人生初のセックスだった。このところ初体験は好きな人ととかいう考えを捨て去ってしまったので、適当に出合い系で探した金渡せばヤラセてくれそうな女を探した。ババアを選んだのは、条件がよさそうだったのと若い女にはハズレが多そうだと思ったからだ。正直、相手は誰でも良かった。とりあえずセックスはしておくかという気持ちでババアに会った。

このブログを書いていた頃はSkype掲示板で知り合った女を本気で好きになってデートに行って玉砕した直後だったから、以前の記事と見比べてみれば俺がどれほど吹っ切れているかが面白いくらいに感じられるだろう。

実は彼女が出来た。まあそれもSkype掲示板がきっかけだが。会ったことがないし、顔もSNOWで詐欺ったものしかお互いに見せてない。こんなのを付き合っていると言えるのかはわからないが、とりあえず楽しいからいい。

もし今の相手と会うことになれば、顔が原因で破局しない限りはセックスをすることになると思う。俺は直接言った訳では無いが、別に初彼女じゃないような雰囲気を出しているのでまさか童貞だとは思っていないだろう。

プレッシャーだった。だから童貞を捨てた。

今の気持ちは、なんとも言い表せない。ババアはババアだし、別に期待も何もしていなかった。まあ多少会話や動きに事務的なものを感じたが、どうでもいいと思っている。とにかく、なんとも言い表せない気持ちだ。これで彼女とセックスする時に困らないぞ!とはなっているが。

千種駅で待ち合わせて、原付は大学に置いてきたので再び大学に戻ろうとした。だがその途中でなんとなく栄で降りてオアシス21のベンチに座ってこれを書いている。まわりには数組のカップル。その中にババアとセックスした俺。少しだけ死にたい。

せっかく来たから店を覗いて帰ろう。

滅入る

天気が悪い。雨こそ降らないものの、1日中どんよりとしていて気分が悪い。本当にこの天気が原因なのかはわからないが、今日は何をしても気分が悪くて、春休み最後の日だというのに嫌な感じだ。

とりあえずJavaの勉強をしてみたり、ギターを練習してみたりした。というか、最近ギターへのモチベーションが下がってきている気がする。これはいけない。明日から大学が始まって今よりも触る機会が減るのに、このままでは結局かつての二の舞となってしまう。少しでも楽しめるようになにか方法を考えねば。

あと、このところ髪の状態が悪い。さわってもなんだかモシャモシャしている感じで、セットもうまくいかない。美容院で前髪をあまり切らなくていいと言ってしまったから重たいし、これまた気分が悪い。耐えきれなくなったらまた切りにいこうかな。

とりあえず明日からの新しい生活を無事に、かつ刺激的に過ごしたいものだ。

なんだかんだ

雨だった。せっかく桜が咲いていい感じだったのに散ってしまうじゃないか。なんて思ってたけれど、さっきバイト帰りに雨の中の桜を見たら妙に綺麗だと感じた。桜の楽しみ方にはいろいろあるみたいだ。

今日もいつもと変わらぬ1日だった。ひとつあったことと言えば、注文していたスマホケースが届いたこと。キースへリングの絵柄がプリントされたものだが、なかなかかわいい。近くで見れば印刷されている感が出てしまうのは仕方が無いとして、かなり気に入っている。これまでの自分だったら選ばなかったタイプのケースだし、やはり新地開拓というのは楽しいものだ。

もういいや、疲れたから寝よう。