読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうにかして良い感じに生きたい

おしゃれに生きたい日々をつづります。

ババアに二万払って童貞卒業した話

ババアとセックスした。

この文を書いてるのが15:13だから、たぶん40分くらいさかのぼれば俺はババアのからだにちんこを突っ込んでいるのだろう。

人生初のセックスだった。このところ初体験は好きな人ととかいう考えを捨て去ってしまったので、適当に出合い系で探した金渡せばヤラセてくれそうな女を探した。ババアを選んだのは、条件がよさそうだったのと若い女にはハズレが多そうだと思ったからだ。正直、相手は誰でも良かった。とりあえずセックスはしておくかという気持ちでババアに会った。

このブログを書いていた頃はSkype掲示板で知り合った女を本気で好きになってデートに行って玉砕した直後だったから、以前の記事と見比べてみれば俺がどれほど吹っ切れているかが面白いくらいに感じられるだろう。

実は彼女が出来た。まあそれもSkype掲示板がきっかけだが。会ったことがないし、顔もSNOWで詐欺ったものしかお互いに見せてない。こんなのを付き合っていると言えるのかはわからないが、とりあえず楽しいからいい。

もし今の相手と会うことになれば、顔が原因で破局しない限りはセックスをすることになると思う。俺は直接言った訳では無いが、別に初彼女じゃないような雰囲気を出しているのでまさか童貞だとは思っていないだろう。

プレッシャーだった。だから童貞を捨てた。

今の気持ちは、なんとも言い表せない。ババアはババアだし、別に期待も何もしていなかった。まあ多少会話や動きに事務的なものを感じたが、どうでもいいと思っている。とにかく、なんとも言い表せない気持ちだ。これで彼女とセックスする時に困らないぞ!とはなっているが。

千種駅で待ち合わせて、原付は大学に置いてきたので再び大学に戻ろうとした。だがその途中でなんとなく栄で降りてオアシス21のベンチに座ってこれを書いている。まわりには数組のカップル。その中にババアとセックスした俺。少しだけ死にたい。

せっかく来たから店を覗いて帰ろう。

滅入る

天気が悪い。雨こそ降らないものの、1日中どんよりとしていて気分が悪い。本当にこの天気が原因なのかはわからないが、今日は何をしても気分が悪くて、春休み最後の日だというのに嫌な感じだ。

とりあえずJavaの勉強をしてみたり、ギターを練習してみたりした。というか、最近ギターへのモチベーションが下がってきている気がする。これはいけない。明日から大学が始まって今よりも触る機会が減るのに、このままでは結局かつての二の舞となってしまう。少しでも楽しめるようになにか方法を考えねば。

あと、このところ髪の状態が悪い。さわってもなんだかモシャモシャしている感じで、セットもうまくいかない。美容院で前髪をあまり切らなくていいと言ってしまったから重たいし、これまた気分が悪い。耐えきれなくなったらまた切りにいこうかな。

とりあえず明日からの新しい生活を無事に、かつ刺激的に過ごしたいものだ。

なんだかんだ

雨だった。せっかく桜が咲いていい感じだったのに散ってしまうじゃないか。なんて思ってたけれど、さっきバイト帰りに雨の中の桜を見たら妙に綺麗だと感じた。桜の楽しみ方にはいろいろあるみたいだ。

今日もいつもと変わらぬ1日だった。ひとつあったことと言えば、注文していたスマホケースが届いたこと。キースへリングの絵柄がプリントされたものだが、なかなかかわいい。近くで見れば印刷されている感が出てしまうのは仕方が無いとして、かなり気に入っている。これまでの自分だったら選ばなかったタイプのケースだし、やはり新地開拓というのは楽しいものだ。

もういいや、疲れたから寝よう。

ねむい

毎回思うけど、タイトルが適当すぎる。まあただの日記にタイトルをつけるってのも割と難しいんだけども。

ファッション雑誌を読むと必ずma-1が流行っていると載っているのだがなんだかんだで持っていなかった。調べたところGUのものが安価で作りがしっかりしているらしいので近くの店舗を確認したら白が二着だけ残っていたので買ってしまった。本当はカーキを買おうと思っていたのだが、かなり人気でどこの店舗でも売り切れてしまっているようなので買えただけよしとしよう。

あと、ずっと買おうと思ってそのままにしてたBUMPの新しいアルバムをレンタルしてきた。五月にライブに行くので最低限アルバム収録曲くらいは把握しておかねば。butterflyがかなり良い。最近のBUMPは綺麗な曲が多くて、昔とは印象が違っているがこれはこれで好みだ。聴きこもう。

午後からは昨日の続きで軽くJavaの勉強をした。とは言っても今のところCと同じように配列や文字変数があるということくらいしか頭に入っていないのでもう少し理解を深めねばならない。一応初心者向けの記事を古い順に読んでいっているが、あまりに知っていることが多いようであれば飛ばし読みをしないと気力が持続しなさそうだ。というか、授業と違って課題などはないから自分で書けるのかが自信が無い。やはりテキストでも買った方がそういう点ではやりやすいのかもしれない。検討しよう。

あとは適当にギターを練習したり動画を見たりしていた。ギターは未だに今度チェンジをひたすら練習している状態なのだが、知っている曲のイントロができるようになるとしたらいつになるのだろうかと心配になってしまう。練習すればうまくなるってものでもない気がするし、先の見えないものに挑戦するのは不安ではある。しかし、わからないからこそ明るい未来を想像することが出来るのじゃないかとも思う。弾きたいと思った曲をタブ譜を見ながらだとしても弾けるなんてかっこいいじゃないか。それだけでモチベーションも上がるってものだ。がんばろう。

春休み残り3日。
2年になったら平均点を上げて好きな研究室に入るために勉強を頑張りたいし、改めてサークルに入って新たなコミュニティを築きたいし、バイトを掛け持って給料も増やしたい。その中でも今やっているJavaやギターやTOEICの勉強も少しずつでいいから進めていきたい。何もうまくいかないかもしれないし、一つだけなんとかなるかもしれないし、もしかしたらすべてが成功して最高にハッピーになれるかもしれない。何もわからないけれど、今は出来ることをとにかく出来る限り頑張ろうと思う。

意識の高い学生みたいなことを書いていて通りがかった人に鼻で笑われてしまうかもしれない。今日はここまで。

春休み

春休みも残り五日ほどになった。
バイトしたり東京行ったり買い物したりでまあそこそこに行動をしていた気がする。失ったものもあったわけだが。

最近はギターを練習したり部屋に置くものを考えたり割といつも通りのグダグダした日々を送っているのだけれど、不思議とある程度の満足感を得られているのは僕が春が好きなことと関係があるのかなと思う。いい天気が続いているし、ワクワクしてしまう。

自分の前から去っていった人を忘れることはまだ出来ていなくて、たびたび思い出しては辛い気持ちになっているけれど、これは時間をかけて治していきたい。

今日は朝から美容院で髪を切った。わりといい感じになった気がするし、割引があったらしく2500円で済んだので大満足だ。
帰宅してから兄と昼食。糖質の塊であるカップ焼きそばを食べてしまった。明日から本気だそう。

なにも予定がなくて暇を持て余していたので飽きるまでギターを練習した後にjavaについて調べてみた。選んだサイトが本当に初心者向けでありがたいのだが、C言語の基本の基本くらいは授業でやったので少しだるい感じもする。根気良く続けて後期から始まる授業までにある程度の知識を付けられれば、既に触っている人はムリだとしてもゼロからスタートする人には多少の差がつくだろう。がんばる。

そして給料をおろすために散歩がてら出掛けて歩いている間の暇つぶしに書いているわけである。なんともう帰り道でしかも家まで50mほど。
今日はここまで。

ネットで女の子と知り合う→サシオフ→疎遠←今ココ

休みだった。起きて豆乳を飲んで広告をチェックしてカレーメシを食べて寝て起きて洗濯物を畳んで皿を洗って散歩がてら書店に行って帰ってきたら母が夕飯を作っていて食べてギター練習して風呂に入って今に至る。こんなもんか。そこそこにだらだらして楽しい休日だったと思う。

 

今年の一月二日の夜中にスカイプの通話相手募集サイトで知り合った女の子がいた。以前からそのサイトを利用していた自分とは違って、その子はその日初めてサイトを利用したということで、それまで何人かとやり取りをするものの変な人しかおらず辟易していたらしい。そんなところで僕と通話をして、普通な人だということで気に入ってくれたらしく、仲良くなった。僕自身も、その子の声がかわいいことと、話し方もかわいらしい感じだったのでかなり好感を持っていた。

しばらく何日か連続で通話をしていて、相手が顔を晒す。かわいかった。本当に。

それからも通話は続き、なんとなくイチャイチャ通話?という雰囲気で話すこともあった。というのも相手がかなり甘えてくるようなことを言ってくるのだ。僕が不細工であることは伝えてあったが、相手からしてみれば声がかっこいい(らしい)のでそんなことはお構いなしに甘えるようなことが言えるのだろう。僕は童貞コミュ障野郎だからそんな今までになく、これからもしないであろう、可愛い子に甘えるようなことを言われるという現実に慌てふためきながらもとりあえずノっていた。

 

そんなこんなでサシオフの話が出た。当然発案は相手。相手は東京に住んでいて、こちらは愛知だから深夜バスでこちらが遊びに行くということになった。最初は断ったもののなんだかんだで了承してしまった。散々顔のことは言ってあるし、なんとかなるだろうと思っていたのだ。

 

再びなんだかんだあって、二日間遊ぼうということになり、一日目にディズニーシー、二日目に浅草に行くことになった。

 

かなりはしょって書いている。

 

一応デートという名目らしく、男ががんばってエスコートしなければと思い、ディズニーシーの情報をひたすら調べたり、浅草のお店を調べたりはしていた。

 

途中でひと悶着はあったが、サシオフ一日目、東京駅で待ち合わせる予定で、相手は寝坊したので当初8:00集合のところが実際に会ったのは10:15くらい。

かなり予定から遅れていて、開園からダッシュでファストパスを取るなどの計画はすでに破綻していた。しかし相手を責めるつもりもなかったのでとりあえず舞浜駅へ。しかしその間も慣れない状況に常にテンパっていてまともに会話ができなかった。というか、出発の日は朝からバイトに行き、夜もバイトを終わらせてから急いで名古屋駅へ向かって初めての夜行バスに乗って来ていたのでその時点でかなり体力を消費していた。正直死にかけだった。

そして時は経ってシー退園時間。ひとつもうまくいかず会話も出来ず相手がわりと序盤で疲れてしまって何もかもが失敗だった。死にたかった。その子にとっては人生初のシーだということで絶対に失敗できないと思っていたのに、8割くらいは無言だった。本当に情けなくて申し訳なくて泣きそうだった。失敗の原因に心当たりがありすぎた。

 

そして二日目。上野のネカフェで一晩過ごしたが、さすがにぐっすりは眠れず五時半に目が覚めてシャワーを浴びて9時ごろ東京駅へ。相手には一日目の時点で、疲れていたら無しにしてもいいという事を伝えておいたが、その晩に浅草で行きたい店リストを送ってくれたので、やさしさに感謝しながら連絡を待っていた。そして連絡があったのが11時。今起きて、この時間からだとバイトに間に合わなくなるので浅草は無理との事。6時にアラーム8個セットしたと言っていたので全く気にしなくていいという事を伝えた。とりあえず相手の近場でご飯を一緒に食べようということになり、一時半ごろ落ち合おうと言われたので、準備をして東京駅を発ち、待ち合わせ駅に着いたのが一時半過ぎ。相手からは、まだ着かないから探検していてと言われたので、連絡が来たらすぐに戻れるように近くの店をブラブラしたり、食べる店の場所を確認したりしていた。なんだかんだで相手が来たのが三時。ここまでくるともう何も言う気になれないというか、何か言ったら最後のひと時すらも気まずくなってしまうので何も言わず。そしてなんとか通話のときのような普通の会話をしながらしゃぶしゃぶを食べて相手はバイトに行く時間なので解散。

 

それから帰ってくる次の日くらいまではいくつかやり取りをしたが、キリの良いところで相手からの返事がなくなり、三週間ほど一切の連絡をしていなかった。その間も自分は悔やんだり悲しんだりLINEを送ろうとしたりと悶絶していたのだが。そしてちょうど三週間が経ったところでこちらから送り、返事がきていくつかのやり取りをした。

しかし、相手から来る返事の素っ気ないこと。僕が意識しすぎなのかもしれないが、とても無難な返しと言うか、表面上の会話しか繰り広げられなかった。それでもいつかまた以前のような友達関係に戻れると信じながら送り続けた。

そして、「バイトがんばれ」に「ありがとう♪」と返ってきて、さすがに何を送ればいいのかわからなくなってスタンプを送ったところで既読がつきながらも返事が来ない状態になった。スタンプだけ送られても返事に困るだろうが、会話を続けたいと思っていればどうにでもなる状況だ。以前ならば「バイト終わった!」とでも返ってくるところだった。それはこなかった。

そして僕の心が折れた。これが今日の出来事。

 

タイトルのような黄金パターンを自分が体験するとは夢にも思っていなかった。

 

もう自分からは絶対に連絡しないし、なるべく忘れようと思う。たぶんだけど、相手からももう連絡は来ないと思うので、これで完全に関係は絶ち切れてしまうのだろう。

 

一番仲が良かった時期は本当に幸せだった。そりゃそうだ。

童貞野郎に急にかわいいかわいい彼女のような存在が出来たんだから楽しいに決まってる。

だけどここでそんな思い出にすがっているんじゃただの気持ち悪い野郎なので、この記事を最後にその子のことは忘れる。

 

なんでこんなことを誰も読んでないようなこんなところに長々と書いたのかは自分でも分からないが、一種の意思表明だ。文字に起こせば少しはそれっぽくなるだろう。

 

よし、今日はここまで。

サブカル男子

最近、友人からギターを借りた。以前にも一度渡されて練習したことがあったのだが、全くできないままに返却したので今回はそのリベンジを兼ねているのと、単純に何か趣味が欲しいところだったので始めてみた。楽しい。曲なんて何も弾けないし、ひとつのコードを押さえるのに精一杯だからジャーン、、、ジャーン、、、くらいのペースでしか音が鳴らないのだけど、本当に少しずつできるようになってきているような気がして、いつまでも続けていられる。はじめはコードを押さえることすらできなかったのに、今はそこまで苦労しなくなったから成長はしているのだろう。もうちょっと形になったら自分のギターを買いたいなあ。

「趣味は音楽です。」なんて言うとかなりハードルが上がってしまうんだろうけど、実際最近の自分を省みてみると、そんな感じだと思う。ギターに関してはまだまだだから人には言えないけれど、好きな音楽を聴いている時間が一番幸せを感じられる。部屋にいるあいだはずっと音楽が流れているし、バイトまでの移動時間に音楽を聴きたいがために、原付を使わず、歩いて行ったりしている。こういうのの話が合う人と知り合いたいものだ。

あと、部屋をおしゃれにしようという計画はまだ続いていて、とりあえず植物をひとつ置いた。ドラセナだったっけな。もうちょっと増やしたいのだけれどなかなか近場の店には丁度いいものが売っていないので通販を検討している。でも、わざわざ注文してまで置きたいのか?虫が嫌いなのに世話ができるのか?なんて思って躊躇っている。とりあえずは保留だ。

アロマなんてのもいいかもしれない。部屋にいるだけでリラックスできるなんて素敵じゃないかと。うちの家族はわりと普通に部屋に入ってくるから、そんなもの置いていたら鼻で笑われそうだ。めんどくさい。

眠くなってきた。今日はここまで。