読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうにかして良い感じに生きたい

おしゃれに生きたい日々をつづります。

もえさん

もえそんもえさんもえさんもえさんもえそんもえさんもてさわむももえさんもえそんもえそわんもえそんもえさんもえはんえわもーんてそんとえさんもえさんもえほん

おねがいだからえあうは(かえってきておねがい連絡して何して足るのか教えてしごとでいそがしいだけじゃないよねわざとれんらくしてないゆんんだよね

なにかしちならちやらたねらごめんなさいなにもしてないなりとどうしてなのか教えて

ほかにすきねひとができたの事故にあったの怪我したと病気にかぬ塗ったの

会いたい話したい声聞きたいチャットでいいかはおねがおいおねがいおねがいのぬにあおも

東京物語エピソードII

二度目の東京旅行が終わった。今思えば一度目の経験がこのブログを作るきっかけだった。

あの時はひどかった。今回はもっとひどい

全然内容は違ったけど。

今は帰りのバスの中。どうせ暇だから経緯から書いていこうかな

相変わらず会ったことはないけど付き合っている人がいた。そんな中で暇つぶしにやったチャットで知り合った女の子がいた。冗談で「付き合う?」などと言ってからラインを交換した。その晩はそれで終わり。俺は別に付き合うつもりはなかったし相手も本気にしていないと思った。俺はただチャットで相手の女の子とのライン交換にこぎつけたという達成感が欲しいだけだった。

次の日の夕方、迷いながらも放置していたら、なぜラインを送ってくれないのかというないようが送られてきた。口調(文調?)が自分好みな感じだったため、ついへんしんしてしまった。

自分の悪い癖。相手が言ってほしそうなことや空気的に言ったほうが喜びそうなことは言ってしまう。あまり詳しい経緯は覚えていないが、毎晩電話で話すようになった。相変わらず俺にその気はなかったが、自分のことを気に入ってくれている人間と話すのは楽しかった。

なんだかんだと俺も相手のことが好きという空気が出来上がっていた。まあ俺が好きだと言っていたからだろう。なにしてんだ

数週間ほど毎日話していればお互いに付き合っているという認識が生まれる。会いに行くことにもなっていた。

俺はこの相手(Aさん)よりも彼女のことが好きだった。だがAさんのことも気に入っていたので悲しませたくなかった。

なんだかんだで複雑な思いを抱えながら東京。会う。写真でみたとおりの人だった。別に可愛い顔はしていない。だが中身を気に入っていたため、そこに関してはなんとも思わなかった。恋人として接した。

一泊二日のデート。正直とても楽しかった。セックスもした。

自分ではもうどうしたらいいかわからなくなった。付き合っている彼女に関しては最近あまり連絡が取れない。仕事が忙しいと言っている。疑おうと思えばいくらでも疑えたが、自分は彼女のことが好きで仕方なかったため疑わなかった。

彼女のことは諦めてAさん一筋になったらどれだけ楽だろうか。浮気でも飽きたでもなんでもいいから彼女に別れを切り出されたいという思いがある。

Aさんは帰りのバスの乗り場へ向かう電車で泣いていた。それを見て手の震えが止まらなくなった。泣きたくなった。この子を大切にしたいと思った。

でも彼女のことが好きだった。

Aさんに全てを捧げたい。

でもできない。できない

いま

前の浮気相手とわかれたという内容を書いてから2ヶ月弱。おれは別の浮気相手とのセックスを終えた。

もうつかれた

たすけてくれ

別れた

浮気相手とわかれた

電話で話してわかれた。元々彼女がいたことは流石に言えなかったけど、人間的に好きだけど恋愛的な意味で好きではないと気づいたという話をした。ウソではない。

ただ、いい子だった

彼女がいない状態で出会ったら、一体どうなったのだろう。

その子は、ただ話を聞いて「うん」と言ってくれた。「私が何を言ってもかわらないんだよね」といった。俺は「うん」と答えた

最後に「うちは結構本気で好きだったよ」と言ってくれた。こんなにいい子に俺はどうしてこんな仕打ちをしているんだろうと思った。電話を切って泣いた。なんの涙なのかはわからなかった。罪悪感か、悲しみか、悔しさか。

その子と関わることはもう一生ないだろう。幸せになって欲しい。俺のことなんて忘れて、もっとまともな人間と出会って、好きになって、幸せになって欲しい。

「短い間だったけどありがとう」と伝えた。「うん」と言った。

もっと純粋にその子と出会って恋をしたかった。

ありがとう

さようなら

幸せになってください

ごめんなさい

もしかしてだけど

もしも俺が死んだりしたら家族によってこのスマホの中身を見られて自撮りだとかダウンロードしてあるエロ動画だとか好きな女の子とのデレデレなやりとりだとか見られてしまうのではないだろうか

そうなるとこのブログも見られる

まあ大したことは書いてないけど俺に何が起こっていたのかは分かるんじゃないだろうか

 

俺が今年の抱負を母親に聞かれて「家を出ること」と答えた件について兄に叱られた

母親は俺の言葉に傷ついたそうだ

なぜだ

一人暮らしがしたいということはかねがね話していた。言い方が悪かったそうだが、理解できない

悪い意味に取られるからだそうだが、実際家族に対しての不満が大きくなっているわけだから自分ではわからない

全然書くことまとまらないし書く気失せたからいいや

きいてくださいよ

ちょっと前まで女との絡みなんて皆無だったコミュ障童貞だった野郎に急に彼女ができたうえに浮気した相手で童貞卒業してしかも浮気相手とも付き合い始めたんですってよ

最低

誤算だった。浮気相手が俺を好きになるとは。流れに身を任せていたら付き合っていた。

もう自分の気持ちがわからない。

もともとの彼女はすきだ。だが会えないのがネックだ。

浮気相手はたいしてすきじゃない。だが情が湧いている。あとセックスしたい。

というか、みんな簡単に男を好きになりすぎじゃないか。おれが優しくしすぎてるのか。これまでのそういう雰囲気になった女性を鑑みても、全員がネットで知り合ったのもあって、4人中3人が俺との運命を感じていると言っていた。

もともとネットにいる人間に対して期待をしていなかったところでおれと知り合ってまともな雰囲気をまとっているし自分に優しくしてくれるってことで好きになりやすいんだろうか。

とりあえず、今の悩みの種はクリスマス。

浮気相手と会う予定だ。

だが、彼女の方からもメッセージは来るだろう。さすがにそれには返せない。

クリスマスに送ったメッセージがかえってこなければさすがにあやしまれてしまう。

とりあえずはイブの方で彼女とは十分いちゃついて、クリスマスは友達との予定があると言おう。それでクリスマスは浮気相手とセックスをしよう。

いつまでこんなことを続けるつもりだろうか。そもそも、終わらせる気があるのだろうか。まさかどちらかが終わるまで続ける気なのだろうか。わからない。自分を制御できない。わからない。

やばい

まずい。非常にまずい。

先日、出会い系サイトで童貞をもらってくれと募集してきた女の中でも割り切りではなく俺の顔がタイプだから会いたいと言ってきた人と会う約束をした。気分屋だからヤリたくないと思ったらヤラないと言っていたのでダメもとで約束した。

まあ実際は会う前にババアで童貞卒業したんだが。

そして今日が当日。会った。飯食ってラブホで5時間セックス。

正直、俺ははじめからヤルだけの募集をしていた。だが相手は違っていたようで、本気で出会いを求めていたらしい。そして実際に会った俺を気に入ったらしい。

俺には彼女がいる。ネットで出会ってまだ会ったことのない。

だが今日の相手にも特に断る雰囲気は出さずに、クリスマスの約束までしてしまった。

今の彼女はクリスマスに仕事なので会うようなことにはならないが、これは完全な浮気だ。

まさか相手が落ちると思ってなかった。今日一緒に過ごしている間も彼女からSkypeのチャットが飛んできていた。それを無視して違う女とセックスをしていた。最低だ。最低だ。最低だ。

そして今は帰り道。もともとの彼女からのチャットを返している。この彼女、俺のことが大好きだ。もちろん俺も相手のことが大好きだ。だが今日あった相手にも好きと言えるのかわからないが何かしらの感情は湧いている。どうしたらいい。どうしたらいい。どうしたらいい。

もともとの彼女を優先したい気持ちが強い気がする。だが、それを考えている時も今日の相手が頭にちらつく。どうしたらいい。